プレミアムな美肌ケアは亜鉛サプリできまり!

美肌のためにできること

美肌ケアをしている人の多くは、外側からのケアに傾きがちですよね。もしくは、外側からのケアだけという人が多いようです。
例えば、セルフケアでパックや美顔器を使ってケアをする人や化粧品に拘る人などがいます。紫外線ケアと化粧水などの基本的なことのみという人もいるでしょう。
お金と時間に余裕のある人は、エステに通ったりして美肌ケアを行うという人もいます。いずれにしても、これらのケアは外側からのケアということになります。
外側からのケアももちろん大事ですし、エステなどはストレス解消などの効果もありますから、美肌ケアの効果としてはかなり優秀なのかもしれません。
ストレスが肌に与える影響は大きいと言われていますからね。
美肌への効果を少しでも早く感じたいのであれば、内側からのケアをすることを推奨したいと思います。私たちの肌を作っているのは食べているものからです。
食べているものには栄養素があり、その効果で肌の状態を安定させたりするのです。
ですから、肌ケアということにあれば、プレミアムなケアというのはからだの内側と外側からのはたらきかけということになります。
こういうと難しいようにも思うのですが、そうではありません。
内側からのケアをしていけば、肌だけでなく、体調が良くなったりする効果も併せて得られる場合が多いので、効果としては予想以上のものを得ることができるでしょう。

 

 

美肌のために外側からのケアだけで効果ある?

美肌ケアで外側からのケアだけでも十分に効果はあるのかもしれません。どのくらいの効果を求めるかによって違って来るでしょう。
そして、肌の現在の状態によっても違います。例えば怪我をしたときを例にとってみると、傷がそこまで酷くない場合には外側からのケアだけで終了するのが通常です。
しかし、怪我の状態が酷いときは、外側からのケアだけではよくすることができないので、内服薬を処方されます。
ちょっと無理のある例えだったかもしれませんが、肌の状態があまり良くない場合には、外側からのケアだけでは効果が出るのにも時間が掛かるのです。
ですから当然、内側からのケアとなります。
内側からのケアに含まれるものとして、美肌効果のあるドリンクを飲むことや、栄養価の高い食品を摂取することや、美肌に効果のあるサプリメントを使用するというような方法があります。
どれも美肌に対して内側からはたらきかけるので、効果をすぐには実感しにくいと思いますが、気長に続けることで結構気が付いて貰えるような効果があります。
外側からの美肌ケアだけという人は、プラスαとして利用してみるといいでしょう。キレイな人は既に実践していますよ。
今回は、話題のサプリメントである亜鉛について紹介します。

本気で美肌を狙うなら内側からケア

美肌効果のある内側からのケアとして話題となっているのが、亜鉛のサプリメントです。
亜鉛というと、なじみがないという人もいるかもしれません。そうですよね、美肌というとビタミンCとかコラーゲンとかプラセンタとかそのようなものが主流になっていました。
もちろん、これらの成分も美肌には重要な役割があり、実際の効果も感じられるので、ここまで周知されているのだと思います。
しかし、メリットもあればデメリットもあるようで、購入金額が掛かりすぎるというような問題、アレルギー体質だから心配というような問題も起きています。
ビタミンCのように、普段の食事からでも摂取するようなものであれば、そこまでサプリメントとして摂取することに抵抗は無いのですが、なじみのない場合は抵抗があって当然のことでしょう。
亜鉛は、そこまで頻繁に聞く栄養素ではありませんが、普段私たちが食べる食品に含まれている栄養素のひとつです。ここで、結構ハードルが低くなりましたよね。
そして、この栄養素はなかなか吸収がされにくいという特性を持っているので、できればサプリメントを使う方が確実というわけなのです。
亜鉛を含む食品といっても、そこまで多くの亜鉛が含まれているわけでもありませんし、継続して摂取が難しいからなのです。

 

併用した方がよい成分はありますか

亜鉛と併用した方がよい成分ですが、一番身近なところではビタミンCということになります。ビタミンC単独でもかなり美肌効果がありますし、美白効果も高いからです。
ビタミンCとの併用で亜鉛の吸収率は高くなる傾向があります。
その他は、クエン酸です。こちらも、レモンなどのかんきつ類、梅、酢など酸味の強い食品に含まれている成分です。そこそこなじみがある成分ですね。
しかし酸っぱいものに関しては、苦手という人も結構多いようです。そのような人は、サプリメントやパウダー、ドリンクなどを使うといいでしょう。
そして、動物性たんぱく質も亜鉛の吸収をよくします。ひかりものと言われる魚、肉類全般には動物性たんぱく質が含まれています。
さらに、マカという成分も亜鉛の吸収を高めます。マカは、日本ではサプリメントで摂取するのがごく一般的です。
このように、さまざまな成分が亜鉛の手助けをしてくれます。
亜鉛を摂取することによって、肌のターンオーバーを正常化させるので、シミやしわ、ニキビ跡の色素沈着に効果を発揮します。
これは、肌の問題全体に効果があると言えますし、年齢を重ねた肌の多くはターンオーバーが28日という周期から遅れてしまうことで肌トラブルになっていることが多いようです。
いわゆる、肌が持つ能力を最大限に引き出すためのサポート機能があると言えます。

 

併用しない方がいい成分はありますか

亜鉛のサプリメントの吸収については、実は妨げになる成分があることをご存じでしょうか。
吸収を高めるということでいくつかの成分があるのですが、それに比べると妨げになる成分はかなり多いんです。
この点から言っても、亜鉛を吸収することの難しさを感じてしまいますが、同時にそれだけ効果的な成分ということも分かります。
上手に摂取できると一番なんですけどね。
そんな吸収の妨げになる成分ですが、葉酸、鉄、カルシウム、食物繊維、フィチン酸という身体に必要で効果的な成分も含まれています。これらの成分そのものは、是非摂取したい成分です。
しかし、亜鉛とは相性が悪い。葉酸に関してはそこまではありませんが、フィチン酸は亜鉛を体内で見つけるとすぐに排除する作用があるのです。
同時に摂取しなければいいので、工夫した食事メニューにするということが必要になります。
ここで気を付けたいのが、亜鉛のサプリメントを1日2回、もしくは3回の服用としている場合です。この場合は亜鉛のサプリメントの効果がなくなら無いように配慮することも難しいかもしれません。その場合は、1日1回まとめて摂取することを考えてみてもいいでしょう。
その他、ポリリン酸、タンニン、アルコールというようなものも亜鉛の吸収を妨げる成分です。